乱歩奇譚 Game of Laplace 11話『白昼夢』感想。羽柴君決死の大ジャンプ!ホモエンド!


乱歩奇譚 Game of Laplace 第11話の感想。

最終話

image
image

結局チョーさんラスボスでも何でもなかったですね…
なんかあるとおもったんだけども、

image

黒蜥蜴さんは終始こんなんばっかだったねw

image
image

アニメでもマスコミは汚いなぁって思いました
むちゃくちゃしすぎ!

image
image

盗んだバイクで走りだす!!
しかし羽柴君よく運転で来たなぁ…

でもまぁ所詮原付だからな

image

羽柴君の決死のバンジージャンプ!
最後に彼は活躍してくれました!

image

ホモカップル2組の完成!

imageimage
image

コバヤシ君のデレを見れたのはよかった!

image
image

朝まで説教(意味深)

image

なんというか…
打ち切り漫画の最終話みたいなダイジェストでした…

image

法治国家からリンチ国家になって本当にいいのだろうか

image

この手の私刑で思うのはまず冤罪だったらどうするんだろうって事…

image

ん~雰囲気アニメとしては序盤は結構好きだったんだけど、
アケチの過去に行って浪越の話にいってから一気につまらなくなってしまった感じ、
黒蜥蜴との対決、とかにしたほうがまだ面白かったと思う。

image

コバヤシ君が可愛かったのはよかったんだけどね。
しかし彼は本当に男なのか…

精神がマジキチだから女でありながら自分を男って思ってるとか
ありそうで疑ってしまう。


コメントを残す